GOLF家YOSHIMURA
プロフィール スイング論 ゴルフ 用語 レッスン 日記 リンク





最強のスクエアスイング習得法
テークバック 1
〉〉 .3. 〉〉NEXT







@    右肩甲骨周辺から始動を開始する

ヨシムラ流スクエアスイングの基本は、常にクラブを立てた状態にするため、身体の右サイドの動きをなるべく制御し、主に左サイドだけを使うというものです。

というのも、ほとんどの人が右利きのため、よほど右サイドを使わないように注意していないと、右腕を強く使ったスイングに陥ってしまうからです。
右腕に力が入ると、テークバック開始早々からで右手首が外側に折れてプレーンから大きく外れ、クラブが寝た状態でインサイドに上がってしまいますし、ダウンスイングでもインサイドからアウトサイドに押し出すようにしか下りてきません。

つまり、右腕を使うと決してスクエアスイングにはならないのです。
では何故テークバックの始動時だけ、右肩甲骨周辺なのか?
それは、ほとんどの人が右利きだからです。
右利きの人にとって、左サイドをスムーズに動かすのはやっかいなことです。
したがって本来は、左肩甲骨周辺からテークバックを始動したいのですが、静から動という最もシビアな動きが要求される時に、左サイドからぎこちなく始動すると、いきなり左肩が突っ込んで頭が下がり、これまたインサイドへのテークバックになってしまう危険性が高いのです。
また、あえて右サイドからの始動することで、無意識のうちに右足への自然なウエイトシフトができるというメリットもあります。
ただし、絶対に忘れてならないのは、テークバック始動時に、左脇はしっかりと締めておくことです。
ヨシムラ流スイングで右サイドを使用するのはここだけ。あとはすべて左サイドでスイングしていきます

A     左脇をしっかり締めてテークバック

右肩甲骨をほんの少し後方に引き上げるようにして、テークバックを開始すると、グリップは飛球線後方に5,6センチほど移動します。
この時、左脇がしっかり締まっていると、ヘッドは30センチほどまっすぐ後方に移動します。
テークバックの常識として理解していてもなかなか実行できない「ヘッドをまっすぐ後方に30センチ引く」ためには、左脇の締めが絶対に必要なのです。
しかし、問題はここから。クラブを立てたままスクエアプレーンに乗せなければなりません。
手首のロックと飛球線後方へのテークバックで、ここまでクラブは立った状態ですが、ここから少しでも右腕を使ってクラブを引き上げようとすると、右手首が外側に折れ、クラブが寝てプレーンからインサイドに外れてしまいます。

では、どうするのか?
左脇をしっかりと締め、グリップと身体の距離を一定に保ったまま、身体(腰)の回転とシンクロさせて、グリップが腰の高さにくるまで我慢します。
ノーコックですから、グリップが腰まで上がった時、正面から見るとシャフトは地面と水平に近い状態にあっても、後方から見ると、シャフトはまだ身体の右側にあるはずです。
ヘッドは一見すると閉じているように見えますが、体の回転とシンクロしているので、これがクラブを立てた状態のスクエアなテークバックなのです。
クラブを立てたテークバックの習得には、左腕1本で腰の高さまでのテークバックを行うドリルが有効です。
左腕だけでテークバックするには、フックグリップで脇をしっかりと締めていないと、クラブが立たず、グリップと身体の距離が一定に保てないことがよく理解していただけます。
ゴルフスイング 正しいアドレス
ゴルフスイング テークバック1
 @ 左脇が締まった正しいアドレス A   右肩甲骨始動でヘッドはまっすぐ引かれる
ゴルフスイング テークバック2 ゴルフスイング テークバック2 後方
B グリップが腰まで上がるとシャフトは地面と水平 C   シャフトはまだ身体の右側にあるのが正しい
ゴルフスイング テークバック間違い ゴルフスイング テークバックドリル
D   左脇が甘いと右手首が折れてクラブが寝る E   効果的なドリルは左腕1本でのテークバック





スイング論 TOP 〉〉 .3.  〉〉NEXT
テークバック 1
ホームへ